時間を空けてから飲食をする

マウスウオッシュ後の飲食はどのくらい間隔を開けるべきか

マウスウォッシュを使ってみよう

確かにマウスウォッシュを使うのは、病気の予防に効果的だと言われています。 しかし使い方が間違っていると、効果を発揮できません。 特に注意したいのは、マウスウォッシュを使ってからしばらくは飲食をしてはいけないことです。 1時間ぐらいは、時間を空けましょう。

効果をしっかり発揮するために

歯磨きをした後にマウスウォッシュをすることで口内をさらに殺菌し、病気や口臭を予防できます。
しかし口をゆすいだ直後に飲食をするとマウスウォッシュが流れたり、口内に汚れが付着したりするので効果を発揮できません。
最低でも30分から1時間ぐらいは、時間を空けましょう。
その間は、水も飲まない方が良いと言われています。
ですからマウスウォッシュを使うのに最も良いタイミングは、就寝前です。

マウスウォッシュを購入する際は、フッ素が含まれることをチェックしましょう。
フッ素を歯にコーティングすることで、汚れが付きにくくなるメリットがあります。
特に夜は虫歯菌が繁殖しやすい時間帯なので、歯を守れるようにフッ素をコーティングしましょう。
さらにマウスウォッシュには刺激を感じるタイプと、感じないタイプがあります。
どちらでも歯に良い効果を与えられるので、刺激が苦手な人は低刺激タイプを選択しましょう。

マウスウォッシュは、携帯するのがおすすめです。
すると外食をした後に口をゆすいで、口内環境を綺麗にできます。
しかし市販されているマウスウォッシュはサイズが大きいので、持ち歩くには不便でしょう。
そこで、小さい容器に移し替えるのがおすすめです。
本当は歯を磨くのが最も良い行為ですが、外食している時や時間がない時はできません。
ですから、せめてマウスウォッシュだけでも活用しましょう。
口をゆすぐだけでも、汚れを落としたり殺菌したりできます。

成分を確認しよう

フッ素が含まれていることを確認してから、マウスウォッシュを購入してください。 この成分は、病気を予防するために欠かせない存在です。 さらに刺激が少ないタイプのマウスウォッシュもあるので、自分や家族の好みに合わせましょう。 低刺激タイプでも、効果を発揮できます。

外食をしている時に使う

日常の中で、食後に歯磨きができない機会があると思います。 しかしそのままでは口内環境が汚くなるので、せめてマウスウォッシュで口をゆすいでください。 ですから、マウスウォッシュを持ち歩きましょう。 小さい容器に移し替えると、カバンに入れても邪魔になりません。

TOPへ