時間を空けてから飲食をする

マウスウォッシュを使ってみよう

間隔を空けてから飲食

マウスウォッシュで口をゆすいだら、しばらくは何も飲食ができません。
具体的な時間は、30分から1時間だと言われています。
何かを食べたり水分を補給したりするなら、時間が経過してから摂取しましょう。
直後は無糖の水やコーヒー、お茶も飲まないでください。
なぜこのような決まりがあるのかというと、マウスウォッシュが口内をコーティングするまでに時間が掛かるからです。

まだ浸透していないのに飲食物を口に入れるとコーティングが剥がれたり、流れ落ちたりしてしまいます。
つまり、マウスウォッシュの意味がなくなると忘れないでください。
そのためマウスウォッシュを使う際は、時計を確認するのがおすすめです。
何時になれば、飲食をして良いのか把握しましょう。

就寝前が良いタイミング

最もおすすめのタイミングは、就寝する前です。
すると歯磨き後に余計なものを摂取しないでしょうから、マウスウォッシュの効果を十分に発揮できます。
マウスウォッシュは、毎回の歯磨きで使う必要はありません。
朝と昼と夜の1日3回歯を磨くと思いますが、夜の歯磨きの時にマウスウォッシュを使ってください。

マウスウォッシュを口に含んだら、20秒ほど口をゆすぎます。
この時間が短いと口内の全体に行き渡らないので、口内環境を清潔にできません。
また、適量を守りましょう。
量が少なくても多くても効果を発揮できず、さらに無駄に量が多いと消費するスピードが速くなり、出費が増えます。
プッシュタイプのマウスウォッシュは1回や2回プッシュすれば良いので、適量を出しやすいです。


TOPへ戻る