時間を空けてから飲食をする

外食をしている時に使う

カバンに忍ばせておこう

いつでもマウスウォッシュを持ち歩いていれば、外食をして歯を磨けない時でも口内環境を清潔にできます。
ですからコンパクトなケースに中身を移し替えて、カバンの中に入れてください。
食事をした後は、歯を磨くことで虫歯予防ができます。
朝や夜は自宅にいるので可能でしょうが、昼間は外にいることが多く、なかなか実行できないと思います。

しかし食事の後に何もしないと、細菌や虫歯菌が繁殖してしまうので、口をしっかりゆすいでください。
この時に水ではなくマウスウォッシュを使うことで、さらに殺菌効果を高められます。
1回分のマウスウォッシュだったら量が少なく、小さい容器に入れられますし、カバンの中に忍ばせていても邪魔になりません。

口臭の被害を防ごう

虫歯や歯周病などの病気だけでなく、口臭を予防できることもマウスウォッシュのメリットです。
特に口内が乾燥している人や、いつもネバネバしている人は口臭が悪化している可能性が高いです。
放置しているともっとひどくなり、人間関係に影響を及ぼします。
周囲の人間が近寄ってくれなくなるので、口臭ケアのためにもマウスウォッシュを活用しましょう。

営業や接客業など、お客さんと至近距離で関わる機会が多い人はマウスウォッシュが必須です。
特に口臭予防に効果を発揮できるマウスウォッシュも売られているので、目的に応じて使い分けても良いですね。
そのようなマウスウォッシュでも、使ってから1時間ほどの間隔を開けてから飲食をしましょう。


TOPへ戻る